健康診断の種類

1.一般健康診断

  • 雇入時の健康診断
  • 定期健康診断
  • 特定業務従事者の健康診断 など

2.特殊健康診断

  • じん肺健康診断
  • 石綿健康診断
  • 有機溶剤健康診断
  • 特定化学物質健康診断 など

3.行政指導による主な健康診断

  • 騒音健康診断 など

4.特定健康診査(特定健診)・特定保健指導

5.生活習慣病健康診断

6.協会けんぽ一般健診

7.その他各種健康診断

健康診断内容

1-1) 雇入時の健康診断(労働安全衛生規則 第43条)

※労働者を雇入れた際は、次の項目の健康診断を行わなければなりません。健康診断項目の省略は出来ません。

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 喫煙歴および服薬歴の問診等による聴取
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力および聴力(オージオメーター)の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)
  • 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査(安静時12誘導)

※聴力検査は、1,000Hzおよび4,000Hzの30db(A)で純音を用いて、オージオメーターで検査します。
※GOTはAST、GPTはALT、γ―GTPはγ―GTのことです。以下の健康診断も同じ。

1-2) 定期健康診断(労働安全衛生規則 第44条)

※1年以内ごとに1回、定期的に次の項目の健康診断を行わなければなりません。

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 喫煙歴および服薬歴の問診等による聴取
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力および聴力(オージオメーター)の検査
  • 胸部エックス線検査および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)
  • 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査(安静時12誘導)

※聴力検査は、1,000Hzの30db(A)および4,000Hzの40db(A)で純音を用いて、オージオメーターで検査します。
ただし、45歳未満(35歳、40歳を除く)の者の聴力検査は、医師の判断により他の方法を用いてもよいことになっています。

※医師が必要でないと認める場合に省略できる健康診断項目

産業医または健診担当医師が、個々の受診者について、健康診断を実施する時点の健康状態、日常の生活状況、作業態様、過去の健診結果等を総合して、省略しても問題ないと判断した場合のみ省略することができます。

身長: 20歳以上の場合

腹囲:40歳未満(35歳を除く)の場合、妊娠中の女性その他の者であって、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断された場合、BMIが22未満であって、自ら腹囲を申告した場合

貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査:40才未満(35歳を除く)の場合

胸部エックス線検査、喀痰検査:呼吸器疾患などに係る自覚症状および他覚症状、既往歴などを勘案し医師が総合的に判断した場合

1-3) 特定業務従事者の健康診断(労働安全衛生規則 第45条)

深夜業などの特定業務に従事する労働者に対しては、当該業務への配置換えの際および6ヶ月以内ごとに1回、定期的に、定期健康診断と同じ項目の健康診断を行わなければなりません。
ただし胸部エックス線検査については1年以内ごとに1回、定期に行えば足りることとされています。

  • 45歳未満(35・40歳を除く)の者の聴力検査は、医師の判断により他の方法を用いてもよいことになっています。年2回の聴力検査のうち1回は、医師が適当と認める方法を用いてもよいことになっています。
  • 35歳および40歳以上の、年2回の貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査のうち1回は、医師が必要でないと認めるときは、省略することができます。

1-4) じん肺健康診断(じん肺法第3条、第7~第9条の2

じん肺法施行規則に定められた29種類の粉じん作業のいずれかに常時従事し、または従事したことのある労働者に対しては、①就業時 ②定期 ③定期外 ④離職時に、じん肺健康診断を行わなければなりません。
じん肺健康診断の結果、管理区分が管理2または管理3となった労働者(じん肺有所見者)には「肺がんに関する検査」を行うこととなっております。
詳細については、『じん肺診査ハンドブック』(厚生労働省労働衛生課編、中央労働災害防止協会発行)を参照してさ下い。

1-5) 石綿健康診断(石綿障害予防規則第40条~43条)

石綿作業従事者に対する健康診断を義務付ける石綿障害予防規則が制定され、
 ① 石綿などの取扱いまたは試験研究のための製造に伴い石綿の粉じんを発散する場所における業務に常時従事する労働者。
 ② 石綿などの製造または取扱いに伴い石綿の粉じんを発散する場所における業務に常時従事したことのある労働者で、在籍者が健康診断の対象となります。
健康診断は、雇入れ時、当該業務への配置換え時、および定期(6ヶ月以内ごとに1回)に行います。

1-6) 有機溶剤健康診断(有機溶剤中毒予防規則 第29条)

法令で定められた有機溶剤業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置換え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に、健康診断を実施しなければなりません。

1-7) 特定化学物質健康診断(特定化学物質等障害予防規則 第39条)

特定化学物質を取扱う労働者に対しては、雇入れの際、当該業務への配置替え時および6ヶ月以内ごと(ベリリウム及びニッケルカルボニルを取扱う労働者に対する胸部エックス線直接撮影による検査は1年以内ごと)に1回定期に実施しなければなりません。また、特定化学物質を取扱う業務(労働安全衛生法施行令第22条第2項の業務に限る)に常時従事した事のある労働者で、現在雇用している者に対しても6ヶ月以内ごとに同様の健康診断を実施しなければなりません。

1-8) 騒音作業健康診断(平成4年10月1日基発 第546号)

等価騒音レベルが85dB(A)以上になる可能性が大きい60作業場の業務に従事する労働者に対し、雇入れ時、または当該業務への配置替えの時および6ヶ月以内ごとに1回定期に、次の項目の健康診断を実施する必要があります。ただし、作業環境測定の結果その作業場の等価騒音レベルが85dB(A)未満の場合には、6ヶ月以内ごとに1回の定期の健康診断は省略することができます。  ※雇入れ時等健康診断と定期健康診断で検査項目が異なります。

1-9) 特定健康診査(特定健診)

日本人の生活習慣等の変化により、心臓病などの心血管障害や脳卒中などの脳血管障害、糖尿病およびその合併症が増加しており、それを原因とする死亡は日本全体の約3割を占めています。
このような生活習慣病は不健康な生活習慣に加えて、軽度の異常が重なることにより発症しやすくなり、また重症化します。
こういった異常は内臓脂肪の蓄積に起因したメタボリック症候群と大きくかかわっています。
そこで国はこの点に着目し、生活習慣病の発症の抑制とあわせて、医療費の削減を目的として平成20年4月より高齢者医療確保法に基づき特定健康診査・特定保健指導を開始しました。
医療保険者は、40~74歳の医療保険加入者(被保険者・被扶養者)を対象に、毎年1回、健康診査を実施します。

基本的な項目

  • 質問項目(服薬歴、喫煙歴、生活習慣、嗜好品など)
  •   
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  •   
  • 診察(視診、触診、打診、聴診)
  •   
  • 血圧測定
  •   
  • 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  •   
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  •   
  • 血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)
  •   
  • 尿検査(尿糖・尿蛋白)

詳細な項目

  • 心電図
  •   
  • 眼底検査
  •   
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

特定健康診査の結果は、リスクの判定を含む結果の通知と生活習慣病予防の情報提供(自己の健康状態を把握し、自己管理に向けて役立つように健診結果の見方や生活習慣の改善ポイントなどの情報)が全員に通知されます。

〈保健指導対象者の選定と階層化の流れ〉

ステップ1 ① 腹囲 男性85cm以上 女性90cm以上
② BMI25以上(腹囲は基準値未満)
ステップ2へ
③ 上記以外
正常値範囲外の数
情報提供レベル
ステップ2 ① 空腹時血糖 100mg/dl以上またはHbA1c 5.2%以上
  または薬剤治療中
② 中性脂肪 150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満
または薬剤治療中
③ 血圧 収縮期 130mmHg以上または拡張期 85mmHg以上
または薬剤治療中
④ 喫煙歴 あり(①~③が1つ以上の時にカウント)
ステップ3 ステップ1の ① +ステップ2のリスクが2つ以上
          +ステップ2のリスクが1つ
          +ステップ2のリスクゼロ
積極的支援レベル
動機付け支援レベル
情報提供レベル
ステップ1の ② +ステップ2のリスクが3つ以上
          +ステップ2のリスクが1~2つ
          +ステップ2のリスクゼロ
積極的支援レベル
動機付け支援レベル
情報提供レベル
ステップ4 ○ 積極的支援・動機付け支援となった人の中から薬剤治療者を除外
○ 65~74歳 積極的支援該当でも動機付け支援

1-10) 特定保健指導

医療保険者が、特定健康診査の判定結果をもとにリスクの判定を行い、保健指導対象者の選定と階層化を行い、リスクの状況に合わせて保健指導を実施します。

  1. 動機付け支援
      生活習慣病の改善を促すため原則1回の面接支援を実施します。
      保健指導実施者が原則1回の動機付け(例:個別支援、グループ支援など)を実施し、計画どおり効果が出ているかどうか評価を行います。
  2. 積極的支援
      生活習慣病改善を促すため3ヶ月以上複数回にわたって継続的支援を実施します。
      保健指導実施者が3ヶ月以上6ヶ月以内の定期的・継続的な働きかけ(例:個別支援、グループ支援、電話、Eメールなど)を実施し、計画どおり効果がでているかどうか評価を行います。

企業巡回健診について

企業巡回健診を実施します。

多根総合病院健診部診療所のご案内

お問い合わせ

06-6586-3377

お問い合わせ受付時間

平日(午前) 9:00~17:00
土曜(午前) 9:00~12:00

営業日カレンダー

お問い合わせ

社会医療法人きつこう会 多根総合病院健診部診療所

社会医療法人きつこう会 多根総合病院健診部診療所

〒550-0024
大阪市西区境川1-2-37

>>大きな地図で見る

交通アクセス

お問い合わせ

多根クリニックのご案内

お問い合わせ

06-6577-1881

ご予約・お問い合わせ 受付時間

平日(午前) 9:00~17:00
土曜(午前) 9:00~12:00

営業日カレンダー

お問い合わせ

社会医療法人きつこう会 多根クリニック

社会医療法人きつこう会 多根クリニック

〒552-0007
大阪市港区弁天1丁目-2番-2-600号 オーク200 2番街6階

>>大きな地図で見る

交通アクセス

お問い合わせ

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

医療関係者の方へ

地域連携窓口

かかりつけ医、医療関係者の
方が当院と連絡取る際に。

臨床研修センター

随時病院見学を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

看護部

就職、転職でお悩みの方へ
看護師募集中です!

KHS求人情報

地域の医療と福祉に携わる。
KHSの求人情報。